無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第7話

あなたside


原田「キモい?」




東条「ゲイだからですかぁ〜??」



原田「ゲイだからってのと、女装するしないは関係ないだけど
知らないんだ?」



東条「は、?知らねぇよ」

東条「おっさんが女の格好してたらキモいってのが常識だろ?」



原田「は?じゃあ、知らねぇのにお前程度のちんけな常識でキモいとか
決めるの辞めてくんない??」




原田「いつか、その決めつけがお前を大人になって苦しめる」



田中「あのッ...原田先生、!!」(小声)



原田「おい、お前区別もついてないお前に説明してやっから耳の穴かっぽじって
よーく見とけ」


原田「みるんだ」


そう言って、原田先生はよく分からない話をした←


ってか田中呆れてるし‪w‪w‪w‪w‪w


笑い堪えながら見てたら



原田「おい、お前分かった?」



東条「教師がお前ってダメなんじゃねぇーの」



今更ぁ???

今更かよ、東条!!!!!!



原田「私、笑われてキレた変?」



田中「あ、いえっ」


あ、キレててんだ←


原田「私言ったよね、お前達みたいに人を見下して笑ってるような奴が
1番ブスだって」



東条「だから...お前ってダメなんじゃないのって!」


東条「ってか、名前あるから...」



原田「お前らだって私の事好き勝手言ってるじゃないの」



東条(ドンッ)


『うぉっ!』(びくッ)


東条「どんな名前でもい言ったのは、お前だろーが!!!」



怖い怖い正義くん怖いでちゅよ??(きもい)



原田「はーい、その通りです」


原田「マリリン、のぶお、のぶりん、みやじもみぃってぃー」


原田「なんでもいいです!!」


東条「はぁ?言ってる事めちゃくちゃだろ」




原田「けどそれは、敬意を払えたらと言う話なんだよ!!」


原田「うちの店にに来るお客さん、皆好き勝手な呼び方してたわよ」


原田「本当の名前知らない奴もいた。」


原田「けどそこには、敬意があったんだよ本当の名前にもそいつにも」


原田「だから、呼び方なんてなんでも良かったんだよ!!!!!」


原田「で、私は今お前に敬意を払えないだからお前。以上!!!!!」


東条「うっそつけ、いきなりで覚えてないだけだろ!!」


あんたも気が強いわね←


明智「東条!!!やめろって、」


東条「明智...」


明智「おめぇが悪ぃよ東条...おちょくり過ぎ」


原田「何よあんた、可愛い顔してるわよ」


明智「すいません、中学からこんな感じで...」


明智「もう終わりにしません?ホームルーム...」


明智「もうすぐ次の授業始まるし...ほら、先生が待ってますよ」


原田「そーねこの辺にしようかしら、じゃあおつかれンボー!!」


原田「あ、野口は、好きなように呼んでいいわよ」


『まじっすか?!あざっす!!!』


明智「その前にすいません、1個だけ...なんでこの学校で先生やろか
教えて貰っていいですか?」


原田「金、以上ホームルーム終わり」


『あ、やっぱり先生って収入いいんだぁ!!』


若林「あなた...うるさい」


『え?、』


明智「先生、敬意持てたら呼びますね先生っ」











シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

ぱりぴちゃん。❥.🍌
ぱりぴちゃん。❥.🍌
リムるなら最初からフォローしないでください。 リムったらブロックさせて頂きます ふぁんまつけたらふぉろーするゾ! したら、ブロックするゾ! 外ししたらふぉろー外すゾ! 神対応になりたい...💖(てかまず、神対応ってなに) サブ垢見つけてくれた子すき!! 愛しき相方⇸ゆうちゃん ✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼ フォロワーサマ100人 4.18 前のファンマ↬🦍&🍌 尊敬サン 🍌💖|💗🎷|🐙🌠 好き 🙂💓|🍟💗|🌻🍑|❥︎.🍎 ファンマ↬❥︎.🍌 ファンネ↬飼育員 user/1496c6+
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る