無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第50話

番外編 僕の過去〜ボスの登場〜
ロベリア
ロベリア
はぁ…
ラベンダー
ラベンダー
ちょ、溜息つかないでよ。
ロベリア
ロベリア
仕方ねーだろ。
ボスであるアザミのヤローが見に来てやがるんだからよー。
アザミ
アザミ
……
ロベリア
ロベリア
ほら、見ろよ。顔に血が付いてんぜ。また誰か気に入らん奴殺しただろ…。
あなた

……(*⁰▿⁰*)あ、ロベリアさん!ラベンダーさん!!

僕は2人に駆け寄った。

すると、知らない人がいた。

白髪で美形で顔に血が付いてるいかにも怪しい人がいた。

僕はその人を指差して聞く。
あなた

えーと、この方は?

ラベンダー
ラベンダー
えっ…
ロベリア
ロベリア
(−_−;)
アザミ
アザミ
お前があなたか?
あなた

あっ、喋った!

アザミ
アザミ
……
あなた

…はい。あなたと申します。

アザミ
アザミ
………………………………………………………………………………………………………………………その手はどうした?
僕の右手を指差して聞いてきた。
あなた

………………………ラベンダーさんが僕の家に来た時に、彼を殺そうとして…そのときに自分の右手を犠牲にしました。

アザミ
アザミ
……ラベンダーを…殺そうとしたのか?
あなた

……はい。

アザミ
アザミ
……ラベンダーの個性…知っていたか?
あなた

知りませんでした。

アザミ
アザミ
…………そうか。
あなた

ところで…あなたは一体誰なんですか?

アザミ
アザミ
……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………俺は…アザミ。一応ボスやってる。
なんでこんなに沈黙多いんだ?
あなた

ボス…ですか。

…ボスか……こいつ。もし…ラベンダーさんやロベリアさんを殺す時がきたらこいつも殺さないとな…。

あ、ラベンダーさんは殺すと言うより拘束して警察に突き出す。
アザミ
アザミ
……………殺気を…感じる…
あなた

Σ('◉⌓◉’)ドキッ

すると、アザミさんの手元に日本刀が現れ、アザミさんはそれを構え、僕を切りつけてきた。

僕は彼の速さに追いつけず、避ける事ができなかった為、左手腕で受け止めてた。

もちろん、血は流れかなりグロテスクになっていたが僕はなんとも思わなかった。
ラベンダー
ラベンダー
!?
ロベリア
ロベリア
おいおい嘘だろ!?
アザミ
アザミ
ほぅ………凄い根性だなぁ。っと言いたいが……お前の目…死んでいやがる。生きながらに死んだ戦人いくさびとってところか……餓鬼の割にはやるな。
あなた

へーそうですか。(棒)

アザミ
アザミ
ハッ、気に入った。今回は見逃してやる。
あなた

ありがとうございます。(棒)

アザミ
アザミ
……
********************
あいら
あいら
もしかしたら番外編のキャラを本編で使うかも
リア主
リア主
少しでも面白かったら💖や🌟、フォローよろしくお願いします!!
次回
番外編 僕の過去〜2人の探偵〜