無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第23話

23
ヴィラン連合に入ってから3カ月…
8月になって学生の僕は夏休み。
学校があった僕は今まで掃除などの雑用しかやってこなかった。
でも、夏休みに入ったので、みんなと同じ仕事をさせてもらえることになった。
楽しみだなぁ。
そして、僕が初めて頼まれた仕事は、
死柄木弔
死柄木弔
とりあえず、トガ、あなた、とある研究所に忍び込んで、そこで不法に行われている実験の資料と、ある薬品を盗んで来て欲しい。あなたは顔バレしてないから、そのまんまで、トガは、顔バレしてるから、誰かしらに化けて忍び込め。
トガ
トガ
はい。
あなた

はい。

という感じのスパイ活動です。
しかも、トガちゃんと一緒!!
死柄木さん、きっと考慮してくれたんだな。




ちなみに、どうやって忍び込むかって?
そりゃー
強行突破!!










ではなく。
あなた

今回、この研究所を見学、そして体験させて頂きます。あなたと申します。よろしくお願いします。

こんな感じで、体験学習というのをやってたので、応募した。
トガが変身した島 心愛(しま ここあ)
トガが変身した島 心愛(しま ここあ)
この研究所の体験学習に応募させて頂きました。島心愛です。よろしくお願いします。
トガちゃんは、島心愛さんという人を殺して、なりすましている。
島さんは少し遠いところから来ているため、ホテルに泊まってここに来る予定だった。
そのため、島さんの両親は彼女が帰ってこなくても、しばらくは怪しまない。
こっちとしては、狙いやすかった。
研究所の人
研究所の人
えっと、あなたくんは、えっ?英生高校?
研究所の人
研究所の人
えっ?あの有名な名門校、英生高校?
あなた

名門校かどうかは知りませんが、確かに英生高校に通ってます。

研究所の人
研究所の人
嘘…ヒーロー科は雄英、普通科は、英生、って言われてるほど有名な名門校だよ?知らずにはいったの?
あなた

はい。中学の時、先生に誘われて適当に選びました。

研究所の人
研究所の人
嘘…
研究所の人
研究所の人
凄すぎだろ…
へぇ、僕の通っているところ、そんな名門校だったのか。(((おい!
研究所の人
研究所の人
えっと、そして、隣の島心愛さんは・・・えっ?星蘭高校?
トガが変身した島 心愛(しま ここあ)
トガが変身した島 心愛(しま ここあ)
はい。
研究所の人
研究所の人
あの有名なお嬢様校の?
トガが変身した島 心愛(しま ここあ)
トガが変身した島 心愛(しま ここあ)
そうです。えっと、父が、会社の社長をしているもので…
嘘だ。今、適当に考えた設定だ。まぁ、それっぽいけど。
研究所の人
研究所の人
どこの?
トガが変身した島 心愛(しま ここあ)
トガが変身した島 心愛(しま ここあ)
そこは、伏せさせていただきます。
ちなみに、僕達の他に100人ほどが応募していた。
かなり大規模な体験学習で、
どうやら、20チームに分かれて動くようだ。
あなた

僕とトガちゃ…島さんは同じチームだね。

トガが変身した島 心愛(しま ここあ)
トガが変身した島 心愛(しま ここあ)
よろしく♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪
あなた

よろしく(^∇^)

挨拶をした後、トガちゃんから小さな声で指示があった。
トガが変身した島 心愛(しま ここあ)
トガが変身した島 心愛(しま ここあ)
あまり目立たないように、話さないようにしましょう。話す時は、これを使って話しましょう。_ヒソッ
僕は、静かに頷いた。
そして、トガちゃんから渡された小型の通信機を耳につけ髪で目立たないよう少し隠した。
そして、彼女だけに挨拶したのを怪しまれないために、同じチームの人全員に同じように挨拶した。




ーーーーーーー
研究所の人
研究所の人
まじか、俺達の担当、あの名門校とお嬢様校の人達のチームだよ…
研究所の人
研究所の人
まぁ、失礼ないよう頑張ろうぜ。
研究所の人
研究所の人
そう言えば教授が2人に興味があるんだとよ。後で、今日の案内終わったら2人だけ連れて来て欲しいって言われたわ。
研究所の人
研究所の人
まじか…ダルッ









********
あいら
あいら
ちょっと、雑談多くてすいません。
ふしぎ
ふしぎ
謝るぐらいなら最初からやるな!!
あいら
あいら
ごもっともです(´;ω;`)