無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第31話

30
《バンッ》
力強くドアが開いた…






















警備員
っ、逃げられたか…。
警備員
おい!おまえら!まだ、この近くに潜んでいるはずだ。探し出せ!!
警備員一同
はい!!
《パタンッ》
部屋のドアが閉まる。


足音がだんだんと離れていく…



















あなた

…ふう、

トガ
トガ
はぁ⤵︎
あなた

危なかった。

あなた

よくよく考えたら、USBメモリーなんて、パソコンについてても不自然じゃないし、これ置いて隠れて、あとで取りに来れば良かったんだ。

あなた

なんで、始めに気づかなかったんだろう。

トガ
トガ
とりあえず、早くUSB回収して逃げましょう。
あなた

うん。
















USBメモリーを回収して
こっそり、足速に逃げた。
****************
ふしぎ
ふしぎ
短っ!!
あいら
あいら
うん。
ふしぎ
ふしぎ
逃げるところ簡単に書きすぎだろ…
あいら
あいら
いや〜だってさ、何もないもん。
ふしぎ
ふしぎ
ないの?あんなに長ったらしく書いておいて?(約7話)
あいら
あいら
んー。まぁ、これからよ。
ふしぎ
ふしぎ
何が?
あいら
あいら
色々
ふしぎ
ふしぎ
色々ってなんやねん。
ふしぎ
ふしぎ
あと、「殺して。」感どこ行ったの?
あいら
あいら
知らん。宇宙の彼方に行ったんだろう。
あいら
あいら
まぁ、終わるまでには必ず出す予定だけど。
ふしぎ
ふしぎ
そりゃそうだろ…
あいらとふしぎは知らない。リア主が「殺して。」感を全面的・   ・   ・に出す気はないと…
(((少しは出すけど…ヒソッ)))