無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第52話

番外編 僕の過去〜2人の正体〜
アザミ
アザミ
っ…
追い詰められたアザミさんはラベンダーさんに巻きついたワイヤーを切りロベリアさんとラベンダーさんを担いで窓から逃げて行った。
アザミ
アザミ
あなた……また…会える時…×××××。
逃げる際、何か言っていたが、僕にはよく聞こえなかった。
あなた

…追わないんですか?探偵さん

???
???
俺らの仕事はあくまでお前を助け出す事だ。後は警察にでも任せる。
そう言って僕は保護された。

この建物が炎に包まれていたのは、炎を扱う個性の奴が警察に追い詰められ、自殺する際に放った物だそう。



………そして、結局ラベンダー、ロベリア、アザミの3人は警察に捕まる事は無かった。
???
???
良かったわね。生きる意味、まだ無くなってないわよ。
あなた

……それの為にわざわざ逃したんですか?

???
???
いや、違う。依頼の内容外の事をやるのが面倒になっただけ。
???
???
そうゆうことよ。
あなた

……貴方達は…一体。

???
???
あら、まだ名乗ってなかったわね。
そう言うと、2人は深く被っていたフードを取り言って来た。
ふしぎ
ふしぎ
私の名前は忘れじふしぎよ。よろしくね。
カイ
カイ
あ、本名の方名乗るのか…僕は事音カイ。よろしくね。
あなた

ん?“本名の方名乗る”?探偵の名前でもあるんですか?

ふしぎ
ふしぎ
えぇ、私はロキと名乗っているわ。
カイ
カイ
僕はAエーと名乗ってる。
なっ、ロキとA!?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ロキとAについて



2人はアメリカで有名で、アメリカの殺人事件や、テロ事件において常人離れした頭脳や身体能力、人脈を生かして解決していく事で有名。

ただし、「悪にも正義にも染まらない」というモットーを持っている為、裏では殺人や薬物、裏組織との関係などがあるのではないかと噂されている。

また、2人の顔を見た人はいなく、いつも着ている服装や声などから彼らだと判断するしかないらしい。

一度、興味本位で見ようとした人間がいたらしいが直ぐに腹パン食らって気絶したらしい。

もちろん、年齢は不明。

性別はロキが女性でAが男性らしい。

2人の名前は2人が名乗ってる名前だそう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[↑「両思いになったとき僕はその恋から覚め謎を解く」10話の文章をコピペしたもの]
あなた

……そんなお偉いさんが何故僕を助けに来たのですか?

カイ
カイ
………………………………………………………お前が…先日のテロ事件のたった一人の生き残りだからだよ。
あなた

……え?

そんな馬鹿な…

確か数十人生存者がいたはず…。
ふしぎ
ふしぎ
それが…生存者全員お亡くなりになったのよ…貴方以外ね。
カイ
カイ
テロを起こした組織の人間や関係者に殺されたり、家族などの死に耐えきれず自殺したり。唯一残ったのが誘拐されたお前だけってことだ。
僕は驚き…声も出なかった。
ふしぎ
ふしぎ
まぁ、テロの被害者の中で…貴方が一番辛いと私は思うわ。家族も死に、親の仇にお気に入り扱いされ、ただ一人残される…孤独で天敵から狙われる小鳥のようね…。
あなた

……

僕は、歯をくいしばった。

これから、僕は孤独ながらに生きなくてはならない。

辛くても、苦しくても、生きなくてはならない。

子供にとって、これ程辛い事はあるのだろうか?
ふしぎ
ふしぎ
……両手を出して。怪我を診てあげるわ。
僕は、彼女の言う通り両手の怪我を見せた。

すると、彼女は僕と手を繋いだ。
あなた

すると、僕らは強いく、温かい光に包まれた。

しばらくして、光が止み、目をチカチカさせながらゆっくり手を見ると、なんと、手の傷が治っていた。
ふしぎ
ふしぎ
まぁ、頑張りなさいよ。
そう言い、彼女は僕から離れていった。

すると、カイさんが僕に小声でこう言った。
カイ
カイ
また会おうな。
僕にはその意味がわからなかった。

2人と別れた後は警察に保護された。

三日後、僕はカイさんの言葉の意味を知ることになった。
********************
リア主
リア主
少しでもいいなと思ったら💖や🌟、フォローよろしくお願いします!!
ー次回
番外編 僕の過去〜最終回〜