無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

15
トガちゃんの言葉…それはきっと、裏切りの合図だと思い、声がした後ろを見る。
オーバーホール
オーバーホール
おまえら…何故ここにいる。
トゥワイス
トゥワイス
ハッ、使えないヤクザと協力なんてやめだ。
オーバーホール
オーバーホール
あ?
トガ
トガ
つまり、裏切りに来たということです。
トガ
トガ
あなたくんを返して下さい。
オーバーホール
オーバーホール
…素直に「はい。そうですか。」って返すとでも?
トガ
トガ
思ってないです。吠え面かかせてやります。
そうトガちゃんが言った瞬間、
《ギギギギギガキッ》
そう音を立て、上の配管が折れ、落ちてきた。
トガ
トガ
よっ、おわ、きゃっあ!!
避けようとしたトガちゃんが、転んだ。
トゥワイス
トゥワイス
トガちゃん!!
配管は、トガちゃん目掛けて真っ逆さま。
僕は、無意識に、トガちゃんの元へ行き…
抱きしめる形て守ろうとした。









配管が僕にあたった。