無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7
しばらくして、“個性”の話題になった。
あなた

トガちゃんの“個性”ってどんなものなの?

トガ
トガ
私のですか?
トガ
トガ
私の“個性”はですね。人の血液を吸うと、その人になちゃいます。
トガ
トガ
コップ一杯で1日、変身できます。
あなた

なるほど。

あなた

なんか、凄いかっこいい“個性”だね。

トガ
トガ
あなたくんは?
あなた

僕?

あなた

僕に“個性”はないよ。

トガ
トガ
え?ないんですか?
あなた

今のところ、使ったことないな。

あなた

もしかしたら、条件が揃わないと使えないだけかもしれないけど…

トガ
トガ
そぉですか。





無個性だなんて言いたくなかった(´;ω;`)
なんで、この話題振ったんだろう。(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)