無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

11
しばらくすると、トガちゃんがお風呂から上がって出てきた。
トガ
トガ
出ました〜
あぁ、髪下ろしたトガちゃんかわいい。
お風呂上がりで、頬が赤く染まっているところもまた、萌える。
あなた

どうします?荼毘さんも入っていきます?

荼毘
荼毘
あー。俺はいいや。もう帰るよ。
荼毘
荼毘
あなたと、なんだかんだ仲良くなったし、そこそこ楽しめたしな。
あなた

…そうですか。

残念だなぁ。もう少し荼毘さんと話したかったな。
トガ
トガ
そぉですか。仲良くなったよぉですね。よかったです。
荼毘
荼毘
にしても、驚いたわ。トガにこんな普通の友達がいたとは。
トガ
トガ
ムッ、どういう意味ですか?
荼毘
荼毘
そのまんま。
あなた

僕がパッとしないってことかな。
荼毘
荼毘
いや、違う
あなた

え?

荼毘
荼毘
こんなイカレ女に普通の友達がいるのに驚いてるの。
あなた

…いちゃダメですか?

荼毘
荼毘
いや、全然。ちょっと意外だっただけだ。気にすんな。
あなた

そうですか…

トガ
トガ
だから、どういう意味ですか?
荼毘
荼毘
じゃ、俺帰るわ。
そう言いながら、荼毘さんは帰っていた。
トガ
トガ
無視して帰らないでください。
と、トガちゃんは、怒っていた。
かわいかった。((それしか言えないのか?



(てか、心読まれたこと気づけよ!!

by作者)