無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第33話

32
ふしぎ
ふしぎ
ねぇ、あいらあいら!
あいら
あいら
ん?何?眠い…
ふしぎ
ふしぎ
お気に入りが10人になってるよ。
あいら
あいら
えっ!?
あいら
あいら
・・・あ、11人…いいねが80になってる…
あいら&ふしぎ
あいら&ふしぎ
・・・本当にありがとうございます!!
****************
ー家にて
よし、何事もなくパソコン取りに来れたぞ!
早くこれ持って死柄木さん達のところに戻らないと…
僕はそう思い、しっかりと家の戸締りをして、走って死柄木さん達のところに向かった。





…着くまでは何もなかった。







そう…着くまでは…





















死柄木弔
死柄木弔
くっ、なんなんだよ!こいつら!
スピナー
スピナー
いくらってもきりがない…
死柄木さん達のところに着くと、大乱闘が巻き起こっていた。
敵(ヴィラン)連合の僕を除く全員と、見知らぬ大勢の人…
トガ
トガ
何が目的でここへ来たんですか?
トガちゃんの質問に知らない奴等のリーダー的なのが頭をかきながら言う…
敵のリーダー
別に戦いたくって来た訳じゃない…大人しくあなたとかいう奴と、そこにいるトガヒミコさえこっちに寄越せばおまえらへの攻撃をやめる。
…僕とトガちゃん?
荼毘
荼毘
・・・研究所の人間か?
荼毘さんの質問に敵のリーダーあいつは、ため息をついて答える
敵のリーダー
おまえら、裏社会のネットとか見てねーのか?
死柄木さんは、「は?」って顔をする。
死柄木弔
死柄木弔
見る訳ねーだろ。まず、ここにパソコンがねーわ!
敵のリーダー
・・・まじかよ…あなたとトガヒミコは、今、裏社会で首に懸賞金がかかってんだよ…かなり高額でな。きっと、俺ら以外にも、狙っている奴いるぜ。
まじですか…
敵のリーダー
特にあなたって奴はトガの約2倍ぐらい高い。
まじですか…(2回目)
…これは、僕、この中に入って戦った方が良いのかな?
正直、個性使い始めたの最近だし、使い方とか、制御とか、条件とか、戦い方とかよくわからない…
足手まといになっちゃうかなぁ…






そんなこと考えている間にも戦いは続く…
トガ
トガ
ぎゃあ!!ナイフが欠けた!!
Mr.コンプレス
Mr.コンプレス
っ…俺の義手が上手く動かなくなってきた。
まずい、押され始めた…
























そしてついに
トガ
トガ
きゃああ
はい!1人目捕まえた!!
トガちゃんが捕まった。


























・・・もう、足手まといとかどーでもいい。























僕は、走ってトガちゃんのもとへ行った。