無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第53話

番外編 僕の過去〜最終話〜
警察に保護されて三日後、___
今日は、僕の引き取り先の人達に会いに行く事になった。

もちろん、僕はどんな人達か知らない。

全く知らない赤の他人だ。

僕は下を向いて歩いていた。
警察
この人達が今日からお前の家族だ。
あなた

はぃ…

ふしぎ
ふしぎ
よろしくね!!
あなた

えっ…

ふと、顔を上げ顔を見てみると3日前に会った探偵さん2人が立っていた。
あなた

ロキさn…

カイ
カイ
しー🤫
あなた

……よろしくお願いします。

僕はこの時にカイさんの言った事を理解した。

同い年の2人が僕の引き取り先に選ばれたのは、2人がアメリカの大学を飛び級制度で卒業し、安定した職(探偵)についているのと、僕の護衛を兼ねているからだそうだ。

カイさんはきっとこれを予想して「また会おうな」なんて、言ったのだろう。
僕はその日から2人の家族となり生活した。

高校生になって、一人暮らしを始めるまでは、同じ屋根の下で暮らした。

2人と、そして2人の家族は僕の大切な家族です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなた

これで終わり?

零
そうですね。
あなた

なんで僕の記憶消えてたんですか?

ふしぎ
ふしぎ
あーそれはね。うちに来てしばらくの間、悪夢にうなされてたのよ。どうやら両親が死んでいく夢を毎晩毎晩みたようだったから、記憶を消したの。
もう理解出来る歳かなぁ。って思って今日見せたのよ。
あなた

…なるほどです。

Mr.コンプレス
Mr.コンプレス
なんか…凄いなお前。
荼毘
荼毘
やべーわ。お前。下手したら俺らよりイカれてるんじゃねーの。
あなた

んー。それは人の価値観によります。

死柄木弔
死柄木弔
……
あなた

(死柄木さんが黙ってるの怖いよ!!😭)

トガ
トガ
……あなたくんは…あの人達が捕まったら死のうとしますか?
あなた

え?しないよ。僕には、生きる意味も、愛すべき人も、仲間も出来たからね!!

トガ
トガ
(*^▽^*)
ふしぎ
ふしぎ
(^_^)
カイ
カイ
( ^ω^ )
零
( ◠‿◠ )
********************
あいら
あいら
番外編終了です!!
ふしぎ
ふしぎ
いや〜長かったね!!まじで!!番外編とは思えないくらいに!!
あいら
あいら
怒ってる?
ふしぎ
ふしぎ
何かリクエストとかあったらください!!いつでもやりますんで!!
あいら
あいら
(無視された…)
あいら
あいら
えー。コメントで希望してくれた読者様。そして読んでくださった読者様。💖や🌟してくれている読者様。
本当にありがとうございます!
ふしぎ
ふしぎ
ありがとうございます!
リア主
リア主
ありがとうございます!
リア主
リア主
それでは次回より本編に戻ります。
リア主
リア主
最後に少しでもいいなと思ったら💖や🌟、フォローしてくれたら嬉しいです。
あいら&ふしぎ
あいら&ふしぎ
おつ