無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

14
ふしぎ
ふしぎ
あの、あいらさん。13話使っても、「殺して。」感がないのですが…
あいら
あいら
うぐっ、グスッ、だって、吹き出し使うと物語の進みが遅くて…(´;ω;`)
あいら
あいら
オーバーホールが捕まるらへんで進展させるから…。ちょっと、待って。お願いします。
ふしぎ
ふしぎ
…わかった。
あいら
あいら
あと、原作と比べて、時間の流れや話が違ったり、
あと、オーバーホールが思ったよりすぐに捕まる(登場しなくなる)。
ふしぎ
ふしぎ
あれ?ヴィランの中で、トガちゃんに続いて2番目に好きなんじゃないの?オーバーホール。
あいら
あいら
うん。だけど、出し続けると話が進まない(´;ω;`)




********
人質になって、僕は、何もない部屋にずっと閉じ込められてた。
それから3日ほど経つだろうか?
外が騒がしい。
どうしたんだろう。
《ガチャン》
扉が開いた。
見張り番
見張り番
出ろ。
あなた

どうしたんですか?

見張り番
見張り番
ヒーローどもが、アジトに攻めて来たんだよ。いくぞ。
腕を引っ張られながら、連れて行かれた。
僕は素直に着いていった。
オーバーホール
オーバーホール
揃ったな。行くぞ。
壊理
壊理
…っ。
あなた

?オーバーホール、その子は、誰ですか?

歩きながら、聞いた。
オーバーホール
オーバーホール
壊理…俺の娘だ。
あなた

…そうですか。

それからしばらくたった。
どれくらい歩いただろうか?
トガ
トガ
…あなたくん。行きますよ。
急にトガちゃんの声がした。
トガちゃんは、ヒーロー達を引き止めるために、かなり手前にいるはず…
それなのに、声がした…
死穢八斎會の人達に声を真似できる個性の持ち主はいない。
つまり、「行きますよ。」というのは、



























裏切る合図だ。


********
ふしぎ
ふしぎ
今回も「殺して。」感なしか…
あいら
あいら
…ごめん