無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

21
トガちゃんの部屋で一緒に暮らし始めてからしばらくたった。
最近、僕は毎日同じ夢を見るようになった。
それは、僕がトガちゃんに殺される夢…
痛みや、怖さを感じたこと…
鮮明に覚えている。
でも、僕はそれに、





















喜びや、幸せを感じてしまった。
もちろん、痛いし、怖い。
でも、僕を殺している時の彼女の幸せそうな顔を見て、喜びや、幸せを感じてしまう。
こんな僕は、変でしょうか?
好きな人に現実で殺して欲しいと
願ってしまう僕は、変でしょうか?
********
ふしぎ
ふしぎ
やっと出てきた「殺して。」感