無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

18
オーバーホールが捕まった次の日。
僕が学校に行くと、
先生
先生
おい、あなた!おまえ、学校無断で休みやがって…心配したぞ!
あなた

すいません。

先生
先生
なんで休んだんだ?
溜息をつきながら聞いた先生の質問に、当然正直に、
「ヤクザに捕まって、監禁されてました。」
なんて言えるはずもなく、
あなた

すいません。夜更かしして、起きたら、午後の5時でした。

適当な嘘で誤魔化した。
先生
先生
おまえが、そんなことするとは思えないが。本当か?
あなた

はい。

先生
先生
ご両親に聞いてもいいか?
あなた

…僕、一人暮らしですけど…。

先生
先生
あぁ、そうか。
先生は、諦めたように、去って行った。
このことで、僕も先生も、クラスメイトにからかわれたのは、言うまでもない。







その頃、荼毘さん達は、
荼毘
荼毘
へぇ、あいつ、あのイカレ女のこと好きだったのか。
トゥワイス
トゥワイス
そうなんだよ!!
荼毘
荼毘
やっぱ、あいつ…スゲーわ。