無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

4,233
2020/04/26

第443話

6人じゃなきゃ








佐藤 side(*最後に作者から重要なお知らせ!)












『 … 』



菊池「 勝利落ち着けよー 」



『 … 』



マリ「 ちょ 、勝利くん
コード引っかかるよ!」



『 … 』



中島「 大丈夫 、来るから 」



『 ……… 』





























どうも 、佐藤勝利です 。今日は音楽番組の本番 。


楽屋の中をずっとウロウロ歩き回ってます 。


2時間前になってもあなたが来る気配はないし


このまま来なかったら4人だ 。


なんで 、5人でも嫌なのになんで 、。








































『 … っんで 、』



中島「 勝利 … ?」



『 なんでそう簡単に来るとか言えるの?!
もしそれで来なかったらどうなるんだよ!!!
俺はっ 、… 俺は4人でなんか絶対出ない!!』



菊池「 おい勝利 、!」



マリ「 勝利くん!」

















































少しカッとなった勢いで楽屋を出ようとした 。


したんだけど 、、、ドアを開けた矢先 、


目に入ったのは困った顔をしたあなただった 。






































『 、、、っ 、、、(ぎゅぅっ)』



雛垣「 ちょ 、さと 、笑 」



中島「 … あなた 、、、」



マリ「 え 、!あなたちゃん 、!!!!」



菊池「 … よー 、遅かったじゃんか 。
なんで岸と一緒にいるのかも含めて
たっぷり言い訳聞かせてもらおうか?ん?」



岸「 風磨くんこえー 、、、!!笑 」











































あなたがいる 。それが嬉しかった 。


シャンプーの匂い 、抱きやすい身長 、


俺を落ち着かせるかのように優しく叩く手 、


全てが愛おしくて強く 、ぎゅっと抱きしめた 。


あ 、俺邪魔系?しっかり仲直りしろよ!!!


って言って岸が去って行ったのは知らん ( )









































雛垣「 ちょ 、苦しいって 、笑 」



中島「 … 勝利 、離してあげな 。
とりあえず話は後で 、、、」



『 やだ 。今 』



マリ「 でも青春アミーゴの立ち位置とか … 」



雛垣「 それは紙見て覚えたけど 、」



菊池「 は?」←



『 今話して 。全部 、思ってること全部吐いて 』



雛垣「 … 別になんもないよ 笑 」



『 なんで俺の前でも無理して笑うの 。
ねえ 、あなたにとって俺らってなんなの?
そんな頼りないの?俺らのこと嫌いなの?』



雛垣「それ 、は ……… 」



中島「 勝利 、いい加減にしろ 」



『 、、、なんで返事しないの?… もういい 、』









































そっとあなたを離して背を向けた 。


もうどうにでもなればいい 。


イライラを押さえるのに必死で


やけくそになってソファーへいこうとすると


服の裾をキュッ 、と掴まれた 。















.

や、やややや、やややややややったー!!!!

雛垣ちゃん生きてた、、、!!!!!!!(?)

なんて思ってる方は多いでしょう、、、(アホ)

大変遅れております申し訳ない(^_^;)(^_^;)(^_^;)

何これなんの話?って思った方は読み返して

いただけると幸いです、、、まだ2019年( )

それともう一つご報告(カミングアウト)なのですが

このお話を今年いっぱいで閉じることにしました。

紅一点ネタは全てなにわちゃんに投げてるので

今書いてるネタが終わったらきっとネタ切れに

なってまた更新が途切れるかと、、、(笑)

それだったら完結にしたほうが良いと

考えるようになってこの結論に至りました(^_^;)

だいぶ衝撃なカミングアウトアウトで

ごめんな西城秀樹からのマジごメ〜ンって感じ

なんですけれども。私としては、

『このネタの後も少しずつ、ネタを書いて
セクゾのCDデビュー日に完結を目指す』

という案が現在頭の中にあります。

沢山の方に愛してもらった初の紅一点物語、

今もなお沢山の人が待っているはず(?)なので

11月までは思いつく限りの笑いや感動のお話を

皆さんに届けたいと考えています。

勝手な自己判断で申し訳ないのですが

完結まで今しばらくお付き合い頂けると、、、

たいっっっっへん嬉しいッス!!!!!!(最悪)

これからも自己満小説ばかり書いてますが

キュン通り越してぎゅん()な小説や

笑いあり感動なし()の小説(感動もあります笑)を

書いていけるように頑張るのでぜひ

応援していただけたら幸いです☺️☺️☺️

今後とも、何卒宜しくお願い致します!