無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

3,134
2020/07/21

第445話

6人じゃなきゃ







佐藤 side












俺ら超冷静感醸し出してるけど相当焦ってる 。


健人くんは小さな足踏み止まらないし


風磨くんはガチで手震えてるし


俺に至っては尋常じゃないくらい汗が出てる 。


それぐらいあなたが本気だったから 。


そんな時 、俺の隣にいたマリウスが


すっと前に出て廊下にすごい音を響かせた 。









































マリ「 、、、分かってないのは
あなたちゃんの方じゃん 」



「「、、、」」



マリ「勝利くんも 、けんてぃも 、風磨くんも 、
そちゃんも 、僕も含めて!!!
みんなっ 、6人で笑って過ごしたいの、!」



雛垣「 、、、」



マリ「 僕は入るの遅かったから
あなたちゃんよりもここの過酷さなんて
分かんないしまだ子供だとか言われても
仕方ないと思う 。だけど!!!!!
っ6人で入れるなら何言われてもいいよ 、
だからっ、、、だから、居なくならないで、」











































マリウスがあなたに抱きついてすすり泣く。


この世界は厳しいこと矛盾してることばっかで、


上手くいかなくて難しいことだらけで、


そんな中を必死にもがきながら生きていて、


今日も自分の心の中にある何かと


戦わなくちゃいけない。誰のために?


…自分の、いや、守りたいもののために。


俺は………みんなを、Sexy Zoneを守りたい。














































『…俺、あなたのことが好き』



菊池「エッ」



雛垣「…」



『風磨くんも健人くんもマリウスも聡も好き。
…好きだからこそ、守りたいって思う』



中島「、、、」



マリウス「…グズッ、」



『相手に幸せになって欲しいって思うのは
間違ってないし守りたいもののためなら自分を
犠牲にするのもカッコ良い。だけどね、』










































俺も何度か思ったことがある。


やっぱ俺なんかじゃセンターは務まらない。


俺がセンターをやってるから売れないのかも。


いない方がみんなもファンも幸せになれる。


デビューして1.2年目はずっとその調子だった。


…けどその時あなたが言ってくれたでしょ?











































『"相手のことが好きなら全力で幸せにしろ。
逃げて幸せを放り投げるより踏みとどまって
自分の幸せをみんなに手渡しで分けてあげな"』



雛垣「…、」



『…俺が、あなたのこと全力で幸せにする。
だからあなたもっ、俺のこと幸せにしてよ。
手渡しで、愛情いっぱいの幸せがほしい、』



雛垣「、、、でもっ、」



菊池「おいおい勝利、"俺が"つった?
"俺らが"に訂正しなおせいあほんだら」



中島「…ふっ、(笑) そーだぞお姫様の
王子様はちゃんと5人いるんだからな」



マリウス「あなたちゃんこれからもいっっ
っっっぱい幸せにするからね!!!(ぎゅう)」



雛垣「っ、、、いいの、、、?なんで…?
私ワガママだしすぐ反発するし怒るし病むし
泣くし自己中極まりないのになんd!!!」



中島「あなた」



雛垣「…」



中島「俺ら何年の付き合いだと思ってんの?
あなたがなんかやらかした時は大概、誰かを
"守りたいとき"でしょ。…大丈夫。一緒に
怒られて、また歩き出せばいいじゃん」



雛垣「…うぅ、、、なんで
そんなにやさしいのおおおおおおっ大号泣」



菊池「あこわれた」



雛垣「だいたいねぇっ!!!!あんたら心ひろすぎ!!!!も、めちゃすきなんだけど!!!!大号泣()幸せにしてだと?!?!?!するわこのやろう死ぬまでシワ伸ばして幸せになれや!!!!大号泣()」



マリウス「…めんどくさいスイッチ押しちゃっ
たね、ってか出番もうすぐじゃない?!」



中島「うわ!やべえじゃん!じゃあ解決って
事で大丈夫?うん大丈夫そうだな」



雛垣「みんなのあほおおおおおおおっ泣」



菊池「おら涙ふけー、
まっしまに心配されんぞ」



『…キュヒヒ、(笑)あなた行こ!俺らの幸せ
ファンのみんなにも手渡ししにいかなくちゃ』



雛垣「っん!!!!!!!!泣」

















































何度諦めても、何度もやり直せばいい。


ぶつかりあった分、次はもっと深く築けばいい。


何度も同じ道をループすることによって


俺らは強くなっていくんだから。


踊ってる最中、メンバーとも聡とも


何度も目を合わせた。…いつだって


この6人は最強で最高なんだよなあ、、、。













.

ようやく更新〜〜〜大変お待たせしました!
鬼更新頑張ります、、、!!!!!!!