無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

4,810
2019/12/08

第437話

6人じゃなきゃ







あなた side















『 さーくせーんかーいぎー
かーもんおーれーんちー 』



「 力を貸してくれええええええ 」



『 やっぱ緑好きだなあ〜 』



「 癒されるよね〜 」



『 … かといって暇だな 』



「 なんで来たの???」



『 松島に会いたかったから♡ 』



松島「 キャッ♡♡♡♡ 」











































































松島家に居座ってるin2日目 。


昨日 、ちょっと色々あって色々あって


色々あったらいつのまにか静岡来てたのよ 。


なんて軽く説明したら松島泊めてくれたわーい 。


松島のお姉さんは友達のお家にいるんだって 。


男女2人屋根の下 、松島とそんな関係には


流石になれません ♡♡♡♡



















































































松島「 それで?昨日夜遅かったし
いきなりだったから詳しい話
聞けなかったけど何があったの?」



『 … 岸と喧嘩した 』



松島「 … うん 、え 、それだけ?」



『 それだけだと思うだろぉ?!あいつら
4人CDデビューの日忘れてたんだぞぉ?!』



松島「 あー 、なるほどなるほど 」



『 松島は連絡一番にくれたよねしゅきぴ 』



松島「 んふふ 。でもそれってみんな忘れてた
わけじゃなくて言えなかったんじゃない?」



『 … どういうこと?』



松島「 いや 、勝利とかからも
最近5人でいること少なくなったんだよって
言う話はよく聞いてたから 、言えない
空気にでもなってんのかなあって 」



『 … ま 、完璧なる私のせいだよね 』



松島「 … ふーん?詳しくは
聞かないけど早く仲直りしなよね!」



『 松島のご飯美味しいから嫌 』



松島「 いつでもそんなん作るから 笑
そういえばもうお昼じゃん 、何食べたい?」



『 おむらいすー!』



松島「 了解でーす 、って事で携帯ブーブー
なってんのどうにかしてくださーい 」



『 嫌です河原に捨てといて 』



松島「 め!」



『 ぶー!!!』

















































































松島はポイっと携帯を私に渡して


キッチンへとルンルン気分で向かう 。


私は渋々ロック画面を開k 、、、消した 。


えぐい 。えぐいてぇ 、ロック画面にくる


通知だけでもえぐいてぇ 。
























































shori《 ねえ 》

shori《 どこいるの?》

shori《 心配してるんだけど 》

菊池 。《 悪かった 。帰ってこい 》

シュミッヒ《 ずぅーっと待ってるよ 》

ラブホリ王子《 何思ってんのか知らないけど 》

ラブホリ王子《 俺らはあなたのこと好きだから 》

ラブホリ王子《 必要としてるから 》

ラブホリ王子《 隣にいて欲しいから 》

ラブホリ王子《 だから帰ってきて 、》

じゅり《 きょもが元気ない 》

ほ《 京本が俺見てため息つくんだけど
やっぱ俺嫌われてんの??なーんて 》

ほ《 何があったか知らないけど
何かあったんならちゃんと話せよ 》

さる 。《 ごめん 》

HIDAKA《 もう少し頼ってください 》

















































… あーあ 、少しやりすぎたかなあ 。


、、、いや!!!いいんだ!!!!!


だってかなり精神来てたもんしんどいし 。


私はポイっとスマホを放り投げた 。