第8話

君を喜ばせたいから💛💙
ころんside

僕は気づくとお気に入りの場所に来ていた。

そこは公園の裏であまり人が来ない。
落ち込んだ時、1人になりたいとき、いつもここに来ていた。
ころん
ころん
グスッふぅっひっく
るぅとくんにあんなこと言われるなんて思ってなかった。
僕はるぅとくんが好きなのに…
こ:ふぇヒック グスッ

る:ころちゃん見つけた〜

こ:るぅとくん?グスッ

る:ほらおいで?大丈夫ですよ。
そう言えば落ち込んだ時いつもるぅとくんは僕を見つけて隣にいてくれたっけ。
ころん
ころん
るぅとくんっグスッ
寂しい。
無意識に彼の名前をよんでしまう。
るぅと
るぅと
ころちゃんっギュ
大好きな彼の声が聞こえたかと思うと体が暖かいものに包まれる。
るぅと
るぅと
ころちゃんごめんなさい。僕のためにしてくれたのに嫉妬しちゃって、ころちゃんのこと傷つけちゃったっ…
ころん
ころん
るぅとくん、もう大丈夫だよ…グスッ
これ!お誕生日おめでとう!ニコッ
そう言って彼の手に小さな箱を置く。
るぅと
るぅと
わぁ!ピアスだ!!ありがとうございます!!
るぅとくんは箱を開けると嬉しそうに笑った。
ころん
ころん
僕とおそろいだよ!!//////
ニカッと笑って耳を見せる。
僕のは青モチーフでるぅとくんのは黄色。
キラキラ宝石みたいで見た瞬間これだ!って思ったもの。
るぅと
るぅと
〜っ可愛い////
ころちゃんとおそろい嬉しくて死にそう…
ころん
ころん
へへへっ////
こうやってプレゼントしたりするのは君を喜ばせたいから。
                                                          ーfin.ー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おまけ!

るぅとside
るぅと
るぅと
ところでなんで家にいるって分かったんですか?
ころん
ころん
なんとなく!ニコッ
るぅと
るぅと

ー勘ー