無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

花鳥風月


💚うらたぬきさん 💜志麻さん ❤坂田さん 💛センラさん

花鳥風月 [浦島坂田船]






💚おぼつかない足取りだって 幾夜ほど昔だろうと
愛しく覚えてしまった 運命は斯くも在るか

❤いつまでもいつまでもと 袖を引く夕間暮れに
風そよぐ髪と まだ慣れぬ白粉

💜傷つくほどに愛撫しよう 忘れないように

💛この指先でふたりを 書き残すほどに強く触りたい

💚君が望むのであれば 俺は(運命に)抗おう

💚💜❤💛今宵夜が開けずとも 君の傍に居たいんだ

❤この世では許されぬ 逢瀬と契り

💚💜❤💛愛を哀と見間違わぬように 明かし尽くす月影よ
玉響な命を 今 照らしておくれよ

💜時が連れ込むは夜と 静けさと微睡む温度
風吹けば落ちてしまう 宛ら花弁のように

💛すれ違う人に塗れ 空目した彼方の夢
掻き分ける髪に 懐かしき面影

💚世界中が君の運命を 狂わそうとした

❤泡沫のように弾けた 舌先結ぶ恋と心音

💜なに君が泣きゆうがで、大丈夫ちや、俺はお前のこと愛しちゅうよ

💚💜❤💛濡れる羽衣の肌と 熟しきらぬその花の

💛酸味まで愛するよ 仰せのままに

💚💜❤💛その身いつか浮雲となりて 暮れる東雲の空へ
揺蕩うなら翼を 得て 啄みにいきたい

💚❤今宵  💜💛夜が  

💚💜❤💛開けずとも 君の傍に居たいんだ
この世では許されぬ逢瀬と契り
愛を哀と見間違わぬように 明かし尽くす月影よ
玉響な命を 今 照らしておくれよ