第6話

強弱

ギラリ。

剣先が私の方へ向き、振り下ろされる。
スローモーションみたいに、ゆっくりと落ちてくるように見える刃はよく研ぎ澄まされていた。

あなたは、それが自身に当たるギリギリまで刀を抜くことはなかった。

もう少しで斬られる、というところまで、その距離を詰められると彼女はようやくさやを払った。
あなたの手にある刀の刃は、また違う光を放っている。研ぎ澄まされているのは勿論のこと、きちんと手入れを怠らず大切に扱われている輝きがあった。
彼女の前には一人、そして後ろに何人もの男達が。

まずは一人の男に刀を向けた。

両者の刃が勢いよくぶつかると、そのまま相手の刀を薙ぎ払った。直後、致命傷までは及ばない程度に腹を斬る。

そのすぐ後に続く攘夷浪士達も同じように退かし、同じように斬っていった。
あなた

(全然弱いじゃん、コイツら)


つかを握る手の力を緩め、関心が薄れたその目で次の敵を映した。