第4話

時間は有効活用しよう
土方 十四郎
土方 十四郎
御用改めである、真選組だ!!
神妙にお縄につきやがれ!!

あれから数分後、私達は目的地へ到着した。
アイツら、攘夷浪士が潜むアジトに。

真選組お決まり、土方さんの台詞を合図に中へ突撃すると、奴らは目を丸くし、慌てて刀を抜いた。
攘夷浪士
し、真選組…ッ!?
攘夷浪士
何故ここに居ると…!?

ざっと15人くらいか。
こちらの方が5人程少ないとはいえ、大した数でもないし、強くもないだろう。

それにそんな様子じゃ、まともに戦えないはずだ。
あなた

ごちゃごちゃ喋んな野郎共!!!
非番返せや!!!クソ!!!!!

沖田 総悟
沖田 総悟
こちとら休日出勤なんだよ雄豚共!!!
早く捕まれクソ雄豚が!!チン〇ス!!
あなた

ハゲ!!!

土方 十四郎
土方 十四郎
後半ただの悪口じゃねェか
沖田 総悟
沖田 総悟
マヨネーズ!!ニコチン!!
死ねェ!!!
土方 十四郎
土方 十四郎
それ俺に向かって言ってんだろ…
なァ総悟???分かってんだからな??

鬱憤を晴らすように、目の前にいる奴らに向かっていろんな言葉を吐いてみたけど、全然消化出来なかった。

もうさっさと片付けよう。
時間がもったいないもったいない。
攘夷浪士
行け!お前ら!!!

その一声で一気に私達の方へ突っ込んでくる。
あなた

…めんどくさいって


だが、コイツらのほとんどが足を向けたのは私だった。