無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

出会い
先輩と私は叫び声の聞こえた方に向かう
するとそこには口を押さえて立っている
同僚がいた
同僚(女)
なっ中村倫也さん…なんで
あなた

(中村倫也?そんな人社員だったっけ?)

そう思いながら同僚A(女)の
目線の先を見るとテレビでよく見る
イケメンがいるではないですか
あなた

(てかなんでそんな人がここにいるの?)

そんなこと思いながら突っ立ってると
中村さん?が私の前に立った
中村倫也
中村倫也
そうそう君に用があってきたんだ
あなた

わっわたし!?