無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

変なの
中村倫也
中村倫也
嘘じゃないよ、えっとあなたちゃんは何階?
あなた

えっと、、4階です

中村倫也
中村倫也
そっか、じゃあ部屋までおくるよ
あなた

いえ、もう大丈夫です

あなた

あ、もう4階なので、じゃあおやすみなさい

中村倫也
中村倫也
え、あ...おやすみあなたちゃん
中村さん、戸惑ってたなぁ
あなた

悪いことしちゃったかもな...

でも、なんか中村さんと同じマンションとか、奇跡すぎてなんか逃げちゃいたくなったんだもん
今日の私...変なのかな



明日友達にでも聞いてみよ