無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

独特な連絡先交換
あなた

なか...むら...さん?

中村倫也
中村倫也
んふふ、ごめんねなんか急に電話して
あなた

いえいえっ!てかなんで私の電話番号を?

中村倫也
中村倫也
美波ちゃんが「あなたに連絡してやって〜」って教えてくれた(笑)
あなた

美波が...?

中村倫也
中村倫也
うん、だから連絡しちゃった
あなた

は、はぁ..

中村倫也
中村倫也
そういえば体調大丈夫そう?
あなた

はい、、凄く...
なんならいつもより元気です!

中村倫也
中村倫也
それは...僕と電話できたから?
あなた

え?...いやっちっ違うんです

中村倫也
中村倫也
うそうそ、冗談だよ(笑)
あなた

びっくりしました...

中村倫也
中村倫也
ふふっ、あなたちゃんは可愛いね
あなた

え...

中村倫也
中村倫也
あ、じゃあ明日も早いからもう寝るね
また連絡するね
おやすみあなたちゃん
あなた

はっはいおやすみなさい

倫也さんの言葉に以上に
反応してしまった自分が恥ずかしい
多分美波に言われた事があったから

こんなに反応してしまったんだと思う

てかなんで美波は勝手に人の番号教えるのさ!
なんて思いながらも連絡帳に

「中村さん」という名前を追加しておいた