無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

お酒のせい
中村さんの行きつけだというところは
居酒屋で、小さな個室に案内された
中村倫也
中村倫也
何飲みます?
あなた

んじゃあ…生ビールで

中村倫也
中村倫也
りょーかいです、あとは何頼もっかなァ〜
なんて言ってる中村さん
中村倫也
中村倫也
すみませーん、生ビール2つとあとこれとこれとこれ...
と、すらすら店員さんに注文していた
あなた

あの、よくここに来るんですか?

中村倫也
中村倫也
うん、女の子とか連れてくる時はだいたいここに来るかな
あなた

そ、そうなんですか

やっぱ他の女の子と来るんだなぁ...


てかなんでそんなことで落ち込んでるんや?嫉妬なのか?ううん絶対違う
中村倫也
中村倫也
…ちゃーん?あなたちゃん?
あなた

うわっ!!

中村倫也
中村倫也
どうしたの?ぼーっとして
中村倫也
中村倫也
料理きたよ?
あなた

すいません、、

中村倫也
中村倫也
大丈夫?
あなた

はい!大丈夫です

中村倫也
中村倫也
じゃあ食べよっか
あなた

はい

そのあともさっきの中村さんの言葉を何度も頭の中で繰り返して、、ずっとボーッとしていたらしい
中村倫也
中村倫也
ほんとに大丈夫?
体調悪い?
と中村さんの手が私のおでこを触った
あなた

っ!

顔が火照っていくのが分かる
中村倫也
中村倫也
うーんよくわかんないや
顔が暑いのは多分お酒のせい