無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第23話

近くにあったお店に2人で入った
中村倫也
中村倫也
どれにする?
あなた

んーあーえっとじゃあこれで!

私が指したのは美味しそうなパスタ
中村倫也
中村倫也
ん、美味しそう
中村倫也
中村倫也
じゃあ、俺はこれにしようかな
倫也さんが頼んだのは私がパスタと迷っていたオムライスだった








...
料理が届いた
中村倫也
中村倫也
じゃあ食べよっか、いただきます
あなた

いただきますっ!

あなた

ん!美味しいです!!

中村倫也
中村倫也
良かった
倫也さんのオムライスめっちゃ美味しそう...
中村倫也
中村倫也
ん?あ、俺の食べる?
あなた

へ?

中村倫也
中村倫也
いや食べたそうに見てたからw
あなた

えっいや...

中村倫也
中村倫也
はい、あーん
と、スプーンを差し出してくる倫也さん
これは恥ずかしすぎる
でも、食べないわけにはいかないので差し出されたオムライスを食べた
あなた

ん、めっちゃ美味しいです!!

中村倫也
中村倫也
俺もあなたちゃんのやつ食べたいな~
と私を見てきた
あなた

えっあ、、どうぞ!!

お皿を差し出すと
中村倫也
中村倫也
え、あーんじゃないの?
と、上目遣いで言ってきた

反則すぎる
あなた

えっ...あっあーん

倫也さんに差し出すと満足そうに食べて
中村倫也
中村倫也
ん、美味しい
といった
私の心臓がもちそうにないです...!




ご飯を食べ終わる頃には倫也さんがさっき言いかけてた言葉など忘れていた