無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

090
ずっとそんなことを考えていると

あっという間に外が暗くなっていた
あなた

ヤバ...もうこんな時間か...

とりあえず

ご飯を食べて、お風呂入って

洗濯機を回しておいた
そんなこんなしてるうちに時計の針は夜の10時をしめしていた
あなた

テレビみて寝ようかな

今日は美波が出てるバラエティがあるから

見てって言われてるんだった
テレビをつけてみるとそこには...
あなた

美波と中村さん...?

次公開される映画で2人が共演してるらしい

その宣伝でバラエティに出てるみたいだった
あなた

美波...凄いなぁ
私も頑張らないと

そう思っていると
携帯がなった
あなた

090...****...****

見たことない電話番号なので
出るか迷ったけど一応出てみることにした
あなた

...もしもし

???
こんばんは夜分にごめんね
あなたちゃん
優しくて、ふわふわしてる声








































あなた

なか...むら...さん?