無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第7話

7
家に帰った
潤くんの匂いも、この部屋も最後だから
潤くんは今どこにいるの、
最後があんなんなんて、もう、辛い
は、早く死にたい
荷物をまとめ、
飛び降りる勇気がなかった時のために
台所からそっとペティナイフを、
洗面台から、カミソリを
そーっと、荷物に忍ばせた
死にやすいならあそこかな、
「OK○oogle○○ー○○までの地図を教えて」
『検索結果が出ました』
よし、










バイバイ、潤くん
楽しかったよありがとね(´ー`)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

莉音
莉音
紫桜里のおねーちゃん。 どうでもいいことなんてないんだよ、
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る