無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

33
音がする、


















とても近くにいる
















どこかしら













でもなんか


























近づけば近づくほど




















視界が周り















頭痛がする
あなた

ハア、ハア、、、ハアハア、ハア…

冨岡義勇
冨岡義勇
あなた大丈夫か
あなた

ハアハア、、、ハア、、、、

冨岡義勇
冨岡義勇
あなた!
あなた

え、

冨岡義勇
冨岡義勇
何回も呼んでいる、
どうした
あなた

ここから凄く近くにいるんですが
近づいて行くにつれて
目眩と頭痛がして、、、

胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
まぁそれは大変ですね
二手に分かれますか?
煉獄杏寿朗
煉獄杏寿朗
よもや!それはいい
時透無一郎
時透無一郎
僕あなたと一緒に行く
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
私も一緒に行きます
悲鳴嶼行冥
悲鳴嶼行冥
私も行こう、、、
冨岡義勇
冨岡義勇
俺も(行く)
不死川実弥
不死川実弥
お前どっちかわかんねーよ
言葉が抜けてんだよ
冨岡義勇
冨岡義勇
…(心外!)
こうして二手に分かれることになった






















私、しのぶさん、冨岡さん、
時任くん、悲鳴嶼さんの5人で












鳴女を探すことになった















他の柱の方は待機















あなた

こっち…

時透無一郎
時透無一郎
あなた、一人で行ったら危ないよ
あなた

トコトコトコトコ…

胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
聞こえてないんでしょうか?
私はこの時






















無意識に足が動いていた

















進みたい訳じゃないのに、























まるで

























誰かに操られてるみたい…