無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第75話

74
冨岡義勇
冨岡義勇
な、なぜ、だ…
あなた

ふふ、焦ってるんですか?w
大丈夫です!
冨岡さんにしか見えてません!

冨岡義勇
冨岡義勇
どうゆう…ことだ
あなた

何か冨岡さんが悲しい顔してたから
喋りたいなー
と思ってたらまさかの展開ですw

冨岡義勇
冨岡義勇
そう、か…
はっきり言って


















理解できない













あなたは命が尽きている














だが今目の前にこうして

















話している

















俺は幻覚を見ているのか
あなた

あ、
そうそう!
冨岡さんの手紙です!

冨岡義勇
冨岡義勇
あ、嗚呼…
なぜあなたに直接渡されたのか


















他の人のように隠さなかったのか















聞きたいことがたくさんあって
















混乱していた
あなた

冨岡さん

冨岡義勇
冨岡義勇
あなた

と・み・お・か・さ・ん!!

冨岡義勇
冨岡義勇
!?
あ、すまない
あなた

どうしたんですか?
珍しいですね^ ^

冨岡義勇
冨岡義勇
なぜだ?
あなた

あ、手紙、のことですか?

冨岡義勇
冨岡義勇
それもそうだが
なぜ…
"俺の前に出てきた?"
あなた

…^ ^

あなたは答えない














深く問い詰める理由もない
















ならせめて
















もう少し話がしたい