無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第81話

主が生きていたら2
静かになった病室













不死川さんと話がしたい…














でも何を話せばいいかわからない













どうゆう話をしたらいいのか







不死川さんと話をするのが
















怖いな…





あなた

どうすればいいんだろ…

今日こそ話そう、今日こそ話そう


















そう思っていたのに












なかなか話せないでいた















あれから2週間













だいぶ回復した私








病気も治ってきた











凄いなぁ珠世さんは











助けてもらってばかり…























コンコン
あなた

はーい、

竈門炭治郎
竈門炭治郎
あなた!
我妻善逸
我妻善逸
あなたちゅわーーーーーん!
嘴平伊之助
嘴平伊之助
お前うるさいんだよ!
おいあなた二郎!
あなた

誰やねん

竈門炭治郎
竈門炭治郎
(珍しくつっこんだ…笑)
我妻善逸
我妻善逸
大丈夫?俺心配したよ?!
全然目が覚めないって聞いて
とんできたから!
俺の嫁にならない?
守ってあげるよ?
あなた

あー、うん、もう大丈夫^ ^
嫁にも大丈夫だから、
守ってもらわなくて平気だよw

嘴平伊之助
嘴平伊之助
おい!あなた二郎
勝負しろ!
あなた

完治したらね、

竈門炭治郎
竈門炭治郎
あなた、悲しい匂いがする
あなた

え、

我妻善逸
我妻善逸
確かに、悲しい音がする
嘴平伊之助
嘴平伊之助
なんだ!悩んでんのか?
あなた

うーん、ちょっとね…

我妻善逸
我妻善逸
俺らなら相談乗るよ^ ^???♡
あなた

えっと…うん、でも1人で解決したいの

竈門炭治郎
竈門炭治郎
そうか、なんかあったら
相談してな^ ^
あなた

ありがとう
















相談なんて



















できないよ