無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第67話

66
〜伊黒目線〜
伊黒小芭内
伊黒小芭内
本当にないぞ
どこにあるんだ?
そもそも、場所を教えてからの方が
此方としては良かったのに
あいつはあいつでバカだなネチネチ
手紙なんか見つからない










もう探し始めてから大分経っている











年越し早々手紙探しか















伊黒小芭内
伊黒小芭内
色んな意味で最悪な年越しだな
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
伊黒さーん
伊黒小芭内
伊黒小芭内
?甘露寺か、
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
伊黒さん!
あなたちゃんとの
思い出の所とかないかしら?
伊黒小芭内
伊黒小芭内
思い出の所?
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
ええ!
もしかしたら
そこにあるかも知れないわ!
伊黒小芭内
伊黒小芭内
思い出の場所か… 
あるのか、そんな所が










そもそも俺はここにあまり来た事がない














あそこか、
伊黒小芭内
伊黒小芭内
上の階の一番手前の部屋だな
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
そうなのね!
行ってみましょ!
伊黒小芭内
伊黒小芭内
嗚呼(甘露寺可愛い甘露寺可愛い)
着いた


















この部屋は











俺が長期任務で上限と戦った時

あなたと会って助けてもらった時に

使わせてもらった部屋だ
伊黒小芭内
伊黒小芭内
この部屋のどこかにあるのか?
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
きっとそうよ!
私、わかったの!
伊黒小芭内
伊黒小芭内
何がだ?
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
あなたちゃんはみんなの事を考えて
手紙を置いているはずなの!
この屋敷で
初めてあなたちゃんと関わった所、
あなたちゃんと私達の思い出の所に
置いてあるのよ!
伊黒小芭内
伊黒小芭内
押入れ…
ガラガラガラ














俺が押入れを開けたら
















手紙が一枚封筒に入って

置かれていた








伊黒小芭内
伊黒小芭内
俺宛か、
見つかった


















嗚呼そうか、













ここの屋敷で隠れん坊をした時













あいつがここに隠れていたな
伊黒小芭内
伊黒小芭内
もう、見つけたぞ、、、
伊黒小芭内
伊黒小芭内
何回見つければ出てきてくれるんだ、、、
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
伊黒さん、、、