無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第101話

11
お母さん…


















分かってたんだね










だから私にあんなこと言ったんでしょ?











私言いたいこといっぱいあったのに










自分勝手じゃん、












私は1人でどうやっていけば良いの?













置いてかないでよ…
あなた

もう2時か…

あなた

みんな寝ちゃったな…

冨岡義勇
冨岡義勇
俺は起きている
あなた

?あ、冨岡先生

冨岡義勇
冨岡義勇
泣きたいなら泣けば良い
あなた

ぁ…でも

冨岡義勇
冨岡義勇
誰も起きてない…
あなた

グスン…おか…さん(涙)

冨岡義勇
冨岡義勇
あなた

グスン

ーーーーーーー
冨岡義勇
冨岡義勇
落ち着いたか?
あなた

はい…

冨岡義勇
冨岡義勇
あなた
あなた

冨岡義勇
冨岡義勇
俺は前世…お前と
あなた

…恋仲だった…

冨岡義勇
冨岡義勇
⁈覚えているのか?!
あなた

今思い出した…全部

冨岡義勇
冨岡義勇
あなた

そっか
私100歳までみんなと生きたんだよね

冨岡義勇
冨岡義勇
ギュ
あなた

冨岡義勇
冨岡義勇
今世は悲しませないと決めていたのに
冨岡義勇
冨岡義勇
…すまない
あなた

なんで、謝るの?…私は大丈夫だから
メイドも沢山いるし

あなた

何よりみんながあるから^ ^

冨岡義勇
冨岡義勇
あなた
あなた

冨岡義勇
冨岡義勇
もう一度俺と付き合って欲しい
あなた

…‼︎

冨岡義勇
冨岡義勇
俺たちは教師と生徒…
だがそれでも俺はお前の事が好きだ
あなた

…ふふ^ ^

あなた

私も冨岡さんが大好きだよ^ ^

柱
実は起きていた人達
悲鳴嶼行冥
悲鳴嶼行冥
良かったな
不死川実弥
不死川実弥
嗚呼
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
キャー、キュンキュンしちゃうわ
伊黒小芭内
伊黒小芭内
(冨岡に先越された)
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
よかったです!
煉獄杏寿朗
煉獄杏寿朗
うむ!
時透無一郎
時透無一郎
( ̄ー ̄)ボー
ーー高校を卒業ーー
私の苗字は『冨岡になりました』