無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第76話

75
あなた

冨岡さんの手紙の話しますね

冨岡義勇
冨岡義勇
嗚呼
あなた

はっきり言います
冨岡さんの手紙は
隠すところがありませんでした

冨岡義勇
冨岡義勇
あなた

あ、悲しまないでくださいね
理由があったんですよ

冨岡義勇
冨岡義勇
なんだ?
あなた

初めて柱の中で話しかけてくれたのが
冨岡さん
初めて私を知ってくれたのが
冨岡さん
初めて任務が一緒になったのが
冨岡さん

冨岡義勇
冨岡義勇
確かにそうだった



















胡蝶らからの報告によると













いつも俺を探していたらしい
あなた

わかりますか?この意味

冨岡義勇
冨岡義勇
嗚呼
あなたは隠したりしない














思い出の場所











つまり













俺自身があいつの思い出の一つなんだ
あなた

私は冨岡さんが大好きですよ
もちろんお父様や他の方も
でも冨岡さんにはもっと笑って欲しいです

冨岡義勇
冨岡義勇
あなた

さぁ、もうみんな集まってますよ
居間に行ってください

冨岡義勇
冨岡義勇
…あなた
あなた

冨岡義勇
冨岡義勇
ありがとう
あなた

(((o(*゚▽゚*)o)))

冨岡義勇
冨岡義勇
ふ、
久々に笑った














やはりあいつは



















生きなければいけない人だった…