無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

剣幕
センラside
センラ
センラ
あいつホンマになんなんやろなー。
うらたぬき
うらたぬき
それな。他人の家にいんのに謝りもしないで帰ってったよ。
センラ
センラ
でも坂田は知ってる風やったで。
うらたぬき
うらたぬき
確かになぁ…って、あれ坂田じゃねぇの?
センラ
センラ
ほんまや。
うらたぬき
うらたぬき
坂田!
うらたが声をかけると、坂田が振り返り、顔をしかめた。
となりの坂田。
となりの坂田。
うらさん…センラ…
うらたぬき
うらたぬき
何してんの?
! そいつ…
となりの坂田。
となりの坂田。
そいつ…?
坂田がうらたに掴みかかった。
志麻
志麻
坂田!やめて!
センラ
センラ
おい坂田!
となりの坂田。
となりの坂田。
そいつやないやろが!!!!
志麻くんや!!!!浦島坂田船の志麻や!!!!
なんで忘れてんねん!!!!なんで酷いことすんねん!!!!仲間やぞ!!!!
うらたぬき
うらたぬき
…っ
坂田の剣幕にうらたもおされてる。
志麻
志麻
坂田。もういいよ。いこう?
となりの坂田。
となりの坂田。
坂田はうらたから手を離すと、あいつとともに行ってしまった。
うらたぬき
うらたぬき
なんだったんだ一体…
センラ
センラ
坂田があんなにキレてんの初めて見た。
うらたぬき
うらたぬき
…帰ろ。
センラ
センラ
うん。
志麻side
志麻
志麻
あんなに怒んなくてもいいのに…
となりの坂田。
となりの坂田。
あれくらいせんと懲りひんやろ。
志麻
志麻
そうだけど…
となりの坂田。
となりの坂田。
大丈夫!何があっても、俺が志麻くんのこと守るから!!!!
志麻
志麻
うん。ありがとう。坂田。
となりの坂田。
となりの坂田。
へへっ。じゃ、帰ろっか!
志麻
志麻
うん!
坂田だけでもいい。彼だけでもいいから、俺に優しい笑顔を向けてくれ。