無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

全部知ってるから。
センラside
ガシャン!!!!
振り下ろした花瓶はうらたでは無く、志麻くんの頭を捉えた。
うらたぬき
うらたぬき
なんで…
志麻
志麻
…っ…っ
ポタポタポタ…
志麻くんの額を伝って血が流れ落ちた。
志麻
志麻
センラ…もう…いいよ…俺のために、誰かを…傷つけるのはやめて…?
俺…うらたさんたちよりも…今の…センラが…怖い…よ…?
そう言い終わると、カクッと首を前に倒してうらたの腕にもたれかかった。
うらたぬき
うらたぬき
まーしぃ…まーしぃ…!
うらたぬき
うらたぬき
センラ!救急車!!!!早く!!!!
『うらたさんたちよりも今のセンラの方が怖いよ』
何でそんなこと言うんだ?
君のために…やったのに…どうして怖がる?
うらたぬき
うらたぬき
センラ…?
センラ
センラ
必要ないやろ。花瓶で頭切ったくらいで。
うらたぬき
うらたぬき
何…言って…
センラ
センラ
うらたもさっさと出てけよ。そこ邪魔だから。
あ、もちろん志麻くんは置いてってね。
うらたぬき
うらたぬき
…本当に、何言ってんの?
頭への衝撃と、出血で…気絶したんだよ?
頭蓋骨への影響や、早く血を止めなきゃ…まーしぃ死んじゃうかもしれないんだよ?
センラ
センラ
…だから、何?
うらたぬき
うらたぬき
は?
センラ
センラ
頭にひびが入って、血が出て、どうした?
センラ
センラ
あとな、そんなんじゃ人は死なない。
俺は知って…
バシッ!!!!
うらたぬき
うらたぬき
ふざけんな!!!!
うらたぬき
うらたぬき
センラ…おかしいよ!!!!
どうしちゃったの!!!?
センラ
センラ
うるっさ…てか急に叩くなよ。
うらたぬき
うらたぬき
…もういいよ。
うらたぬき
うらたぬき
もしもし坂田?ちょっとまふと、そらるさんとこっち来てくれる?
センラ
センラ
勝手なこと…
うらたぬき
うらたぬき
うるさい。センラ黙ってて。
うらたがタオルを志麻くんの頭にまく。

あれで止血してるつもりだろうか。
センラ
センラ
馬鹿やね。
うらたぬき
うらたぬき
バンッ!
となりの坂田。
となりの坂田。
うらさん!
そらる
そらる
うらたくん!志麻さんは!?
まふまふ
まふまふ
早く病院!
センラ
センラ
ぞろぞろ入ってきて…なんなん?
センラ
センラ
邪魔なんやけど。出てってくれる?
そらる
そらる
…この状況みて、出てけって、言う人普通いないよ?
センラ
センラ
志麻くんなら大丈夫やよ。心配せんでもさ。
まふまふ
まふまふ
なんでそんなこといいけれるんですか?
センラ
センラ
俺はわかるから。
まふまふ
まふまふ
…は?
そう、俺はわかる。
センラ
センラ
オレハシマクンノスベテヲシッテルカラ。