無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

味あわせてやるよ。
志麻side
センラに助けて貰って、一件落着…にはならなかった。
やっぱ…戻れないよ。
うらたさんたちがあんなこと思ってるんだもん。
センラも心配して、俺の話を聞いてくれる。
センラ
センラ
あいつら…マジふざけんなよ…
志麻
志麻
でも、俺の心の中のことだから、本当かどうか分からないよ…
センラ
センラ
でもさぁ…
志麻
志麻
いいよセンラ。大丈夫。
センラ
センラ
…志麻くんがそういうなら…
ピンポーン
センラ
センラ
誰?
インターホンを見ると、そこにいたのはうらたさんだった。
志麻
志麻
…うらたさん。
センラ
センラ
出なくてええよ。
センラはそう言うが、インターホンごしのうらたさんの目が、とても悲しそうだった。
志麻
志麻
…大丈夫だよ。忘愛症候群も…治ってるんでしょ?
センラ
センラ
そうやけどさ…
志麻
志麻
俺なら大丈夫。心配しないで。
センラ
センラ
…俺が出る。
志麻
志麻
え?
センラ
センラ
志麻くんは、ここにいて。
志麻
志麻
…わかった。
ガチャ
うらたさんが中に入ってくる。
センラ
センラ
何しに来たん?
うらたぬき
うらたぬき
センラ、あの…まーしぃは?
うらたぬき
うらたぬき
謝りたいんだ…
でもみんな一気に来たら迷惑だろ?
だから代表して俺だけ…
センラ
センラ
よくもまぁそんなに気安くまーしぃって呼べるよな。
うらたぬき
うらたぬき
…え?
センラ
センラ
こんなに表向きは優しい笑顔を貼り付けときながらさ。
裏の顔はまじで悪魔やよ。
うらたぬき
うらたぬき
センラ?何言って…
パンっ
うらたぬき
うらたぬき
痛っ…
センラがうらたさんの頬を張った。
衝撃で玄関に倒れるうらたさん。
志麻
志麻
!?
センラ…何してんの?
センラ
センラ
志麻くんを殴るの楽しかったとか思ってるくせに…よくもまぁそんなぬけぬけと…
うらたぬき
うらたぬき
センラ…何言ってんの?
俺、何の話か全然わかんないんだけ、どっ!?
センラがうらたさんの腹をけった。
うらたぬき
うらたぬき
ガッ…ゲホッ…
センラ
センラ
殴るの楽しかったんやろ?
俺も楽しいことしたいやん。
うらたぬき
うらたぬき
セ…センラ…
玄関の端でうずくまるうらたさん。
センラがうらたさんの目線に合わせるように屈む。
センラ
センラ
小学校で習わなかった?
『自分がされて嫌なことは、人にしてはいけません』って。
うらたぬき
うらたぬき
あ…あ…ガタガタガタガタ
センラ
センラ
志麻くんの気持ち、味あわせてあげるよ。
センラが玄関に飾ってあった花瓶を振り上げた。
志麻
志麻
センラ!!!!






























































ガシャン!!!!