無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

生か、死か。
センラside
『緊急手術の準備を!』

『脈拍は!?』

『心音弱ってます!』
医者達が緊張した顔をして走り回ってる。
センラ
センラ
志麻くん…志麻くん…
ストレッチャーで運ばれてく志麻くんの横を走りながら名前を呼ぶ。
『下がってください!』
そらる
そらる
センラさん…
そらるさんに方を掴まれ、後ろへ下がる。
まふまふ
まふまふ
さっき聞いたけど、かなり危ないみたい…
そらる
そらる
俺たちがもっと早くついてればな…

なんか買ったりして、1時間も遅れなければこんなことにならなかったかもしれない…
うらたぬき
うらたぬき
まーしぃ…まーしぃ…ブツブツ
うらたは真っ青な顔して志麻くんの名前を唱えいた。
センラ
センラ
無事で…帰ってくるよな?
そらる
そらる
分からないよ、そんなこと。
まふまふ
まふまふ
今はただ、運と…志麻さんの生力にかけるしかない。
お願い…戻ってきて、志麻くん…

謝りたいんだ。君の顔を見てちゃんと…!!!!
志麻side
目を開けると、真っ暗な部屋にいた。
体が動かない。鎖で繋がれている。
センラ
センラ
『志麻くん帰ろう。家に、帰ろう。』
俺も帰りたい。センラと、みんなと。
???
帰ってどうなんの?
また歌い手として活動する。
???
本当にできるの?

また忘れられちゃうかもよ?
そんなの分からないだろう。

好き勝手なこと言うな、誰だお前は。
???
俺?
俺はお前だよ。
何を訳の分からないことを…
志麻(影)
志麻(影)
俺は君の影だよ。

君の弱いところ、そのものさ。
俺の…弱いところ?
志麻(影)
志麻(影)
そ。
君の悲しみ、怒り、憎しみ、マイナスな感情の全てが俺ってわけ。
なんでお前がここにいる?
志麻(影)
志麻(影)
君、今生死の境をさまよってんだ。ほら
ぽん、と音がして目の前に波紋が広がる
センラたちと、たくさんのチューブに繋がれた俺がうつった。
志麻(影)
志麻(影)
ほらね。
だから君に選ばせてあげる。
何を?
俺の影が刀を抜いて俺の前に出した。













志麻(影)
志麻(影)
生か、死か。