無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

こんな世界…
志麻side
志麻
志麻
ハァ…ハァ…ハァ…
一体どこまで走ったんだ? 
ここはどこなんだろう…
キョロキョロと当たりを見渡すが、何も無い空き地。

志麻
志麻
どうしよ…迷っちゃった…
坂田に連絡…!
































しようとした時
ボコッ!
志麻
志麻
痛っ…
センラ
センラ
やっと見つけた…お前…覚悟しろよ?
志麻
志麻
やっ…いや…
ドスッボコッバコッ
志麻
志麻
いたいっ!いたいよぉ!
センラ
センラ
うるっせぇ!!!!
屑が!!!!
志麻
志麻
やめてよぉ!センラァ!
うらたぬき
うらたぬき
あそこ!
となりの坂田。
となりの坂田。
センラ!
坂田だ。
良かった…助けに来てくれた…!!!!
となりの坂田。
となりの坂田。
…こいつ?前言ってたやつって。
志麻
志麻
えっ…
センラ
センラ
そ。今ボコしてるとこ。
となりの坂田。
となりの坂田。
なら俺もやるわ。メンバーを傷つけるやつ許せねぇし。
うらたぬき
うらたぬき
なら俺も!
ドゴッ!ボコッバコッ
志麻
志麻
坂田…
殴られてるところを守る気にもなれず、地面に手をついて呆然としていた。
坂田に忘れられた。
それ即ち、『浦島坂田船』から『志麻』という人間が消えたということだ。
『まーしぃ〜スリ(●´∀人∀`●)スリ』

柔らかい頬をくっつけてきてたうらたさん

『志麻くん!ゲーム対決や!』

俺とのゲームを楽しみにしてくれてた坂田

『志麻くんといると、自分も特別な感じする』

俺と一緒にいることを喜んでくれたセンラ
みんなみんな、俺の事を忘れて、俺の元から去っていく。
どうしてこんなことになった?

俺たちがなにかいけないことをしたのか?

神様、俺たちは何か罪をおかしたのですか?
浦島坂田船としてみんなで楽しく笑ってただけなのに、なんで…
うらたぬき
うらたぬき
お前なんなんだよ!!!!
いっつも付きまとってきて!!!!
志麻
志麻
うらた…やめ…
となりの坂田。
となりの坂田。
うらさんの名前を気安く呼ぶな!!!!
どうして?どうしてこんなことになるのですか?
センラ
センラ
これくらいにしとこうや。
俺たち捕まるで。
となりの坂田。
となりの坂田。
そやね。帰ろ!
うらたぬき
うらたぬき
うん!今日は月ラジの日だよ!
3人が去っていった後、ポツポツと雨が降ってきて、数秒後には本降りだ。
志麻
志麻
かえ…らなきゃ…
死んでしまいたい。
こんな世界に、生きるくらいなら。

愛する人達に殴られ、虐げられ、罵られるくらいなら、いっそ…!!!!
志麻
志麻
死んだ方がマシだ…