無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

#_13話






























『 うげっ 』







後ろから,迫り来るキム君の顔←




なんか,両手開いてるってことは,






絶対ハグしにきてるじゃん((自意識過剰




まぁ,こんな学校の目の前で抱きつかれたら




喘ぎまくって,一瞬で全校生徒にキモがられる←










てことで,ここはダッシュゥゥゥ((






🦁「 え,ちょっあなたちゃぁぁぁぁぁぁぁぁんッ 」




うるさいし,恐怖だしなんかキム君だけじゃないし





着いてきてるの((







🐣「 おい,テヒョンァァァァ!!急に走るなァァァァ!! 」




可愛い顔面して,めっちゃイカついひよこなんだけど(





🦁「 うわっジミナだァァァァ!! 」





声,怖がってる割にはニコニコしているキム君←





キム君が,ひよこくんの方を見た隙に私は





スッ と角を曲がる。
















______________







🦁「 あれ??あなたちゃんが消えた… 」








next



______________





ごめん、謎いね今回☜


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

풀_🌱
풀_🌱
ғᴏʟʟᴏᴡ ᴍᴇ follower +👤 900Thanks 読者にむ いつもありがとうございます.Ü♡ _______________ 私に、純粋は無理みたい(え 最近, 浮上できてなくてすみません.😭
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る