無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

#_6話




















キム君は,私をお姫様抱っこをすると




🦁「 保健室まで連れていくよ 」




なんて,言ってきた。





普通のJKとかだったら,ここで キュンッ なんだろうけど……




……めっちゃ困るよ((





ここから,保健室まで距離が結構ある(何気に広いから学校)




てことは,それまでの間私は




声を(喘ぎ)を抑えて平然としなきゃいけないってこと




そんなの無理無理無理無理((







『……っキムッ君…離してっ…/// 』





🦁「 なんで?ほっとけるわけないって言ったでしょ?」





『 ほんとにっ大丈夫だから…ぁんっ 』



私は,耐えられなくて声を漏らす




🦁「 ……え 」





勿論,キム君はそれを聞いて驚いてるわけで





気持ち悪がられたことは確定←










🦁「 あなたちゃん……。」




あぁ…キム君だけにはバレたくなかったんだけどな


















🦁「 ……今から走るからね 」






『 ……え??』











next






______________




内容が謎( ˙-˙ )←




あ,まちっ仔のみんな풀(プル)からお知らせ



あ、しょーもないけど←




プル ね, このお話完結したら旅に行ってくるわ( ˙-˙ )((




多分,夏休み終わりごろ




いつ帰ってくるか分からないけど,




もしかしたら,帰ってこないかも( ˙-˙ )((殴




もっともっとえろを磨いてくるわねッ♡♡((殴





この報告を聞いて誰か悲しんでくれないかな((殴






それまで,フォローとか外さないで待っていて欲しいって言う




プル の叶わぬ願いを聞いてくれ((







てことで, プル からしょーもないお知らせでした わはっ☆


















シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

풀_🌱
풀_🌱
ғᴏʟʟᴏᴡ ᴍᴇ follower +👤 900Thanks 読者にむ いつもありがとうございます.Ü♡ _______________ 新作「 公開告白 」🐰main ☆ ♡ 押してくださいな.ㅎㅎ 最近, 浮上できてなくてすみません.😭
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る