無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第38話

#_36話






























『 ッ……/ / / 』












私を捕まえようと咄嗟に





キム君が手を掴んだみたい





おかげで私は, 喘ぐことが出来たよ((











🦁「 え 」










キム君, 明らかに驚いた顔




というより, 少し引いてるかも.ㅋ












『 ごめん.帰るねッ 』














私は, 帰ろうとする






けど











🦁「 待ってよ!」









グイッ










『 んっぁッ 』








キム君が,止めてくる











『 ッ/ 離してッぁ 』





🦁「 いや 」





『 離してよ!!!』











キム君に, 腰を捕まれ




抱き寄せられる





















next

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

풀_🌱
풀_🌱
ғᴏʟʟᴏᴡ ᴍᴇ follower +👤 900Thanks 読者にむ いつもありがとうございます.Ü♡ _______________ 新作「 公開告白 」🐰main ☆ ♡ 押してくださいな.ㅎㅎ 最近, 浮上できてなくてすみません.😭
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る