無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

#_3話



























ガラガラガラッ と 乱暴にドアを開けて




今, ここで絶対に会ってはいけない人が




私の所に 「あなたちゃぁんっ」と




駆け寄ってきた。





ハグしてこようとしたので




華麗に避ける。





🦁「 やっぱ,ダメだったかぁ笑」







って,いつも通りのヘラヘラ顔を向けてくる。





だけど,私はキム君よりも






周りからの視線が痛くて仕方なかった。





特に,女の子たちなんか殺意まで感じられる←





「 し,失礼します 」




🦁「 え!?あなたちゃん??? 」





声を投げかけられるも





そんなの今の私には関係なかった





とにかく、今はこの場から1秒でも早く逃げ出したかった。











_____________





『 ハァハァ…… 』





私は,いつもの隠れ場所に来る。





と言っても,今は使われてない物置部屋だが。













『 あの人,本当になんなの…ッ 』










私の居場所をどんだけ壊せばすむのよ…






next

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

풀_🌱
풀_🌱
ғᴏʟʟᴏᴡ ᴍᴇ follower +👤 900Thanks 読者にむ いつもありがとうございます.Ü♡ _______________ 私に、純粋は無理みたい(え 最近, 浮上できてなくてすみません.😭
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る