無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

#_2話






























『 ……はぁ 』









朝から, すっごい疲れてしまった。




本当に,あの人何なんだ?




少しイライラしながら,教室のドアを開けたから




ガンッ と凄い音がしてしまった。




一気に目線が集中する。




『 あ,すいません… 』








と,俯きながら,自分の席へつく




少し遠くから






「何あれ笑」「怖いんですけどぉ」




クスクスッ とこっちを見ながら話す声が聞こえる




『 はぁ… 』




私のため息はより深くなる




まぁ,この体質を持ってたら人と関わるなんて出来ないから




友達0だし, なるべく人と関わりたくないから





愛想ない態度とかとってたらこうなるのは分かってた




中学の時もそうだったし













皆の視線や嘲笑う声がうるさくて




イヤホンをつけようとしてた時















🦁「 あなたちゃぁぁぁぁぁぁぁぁんっ 」










next

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

풀_🌱
풀_🌱
ғᴏʟʟᴏᴡ ᴍᴇ follower +👤 900Thanks 読者にむ いつもありがとうございます.Ü♡ _______________ 新作「 公開告白 」🐰main ☆ ♡ 押してくださいな.ㅎㅎ 最近, 浮上できてなくてすみません.😭
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る