無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

#_4話





























キーンコーンカーンコーン









1時間目が始まる,チャイムがなった。





けど,今の私には教室に足を運ぶ気になれなかった。











『 ……… 』








私は、目を閉じて世間の音に耳を澄ませる





風の音, 授業の解説をする先生の声




配達をしてるトラックのエンジン音





目を閉じて,音の世界に入るだけで





現実から逃げることが出来た









少し音の世界を満喫して,ふっと目を開けた時













🦁「 ばぁぁぁぁぁぁぁっ 」











next

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

풀_🌱
풀_🌱
ғᴏʟʟᴏᴡ ᴍᴇ follower +👤 900Thanks 読者にむ いつもありがとうございます.Ü♡ _______________ 新作「 公開告白 」🐰main ☆ ♡ 押してくださいな.ㅎㅎ 最近, 浮上できてなくてすみません.😭
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る