無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

#_11話































🐹「 やっぱぁ,先生のタイプはぁ…」





『 はいはい… 』







なんかもう,自分の恋愛語りだしたちゃったよ





でも,友達がいなかった私にとって






恋話とかできる日が来るなんてな…笑







『 …相手は男だけど笑 』




🐹「 ん?どうかした? 」




『 あぁ,なんでもないから続けて笑 』





🐹「 あら,そう…」






🐹「 まぁ,でも1番のタイプはあなたちゃんよねッ♡ 」






『 …はいはい…え??!! 』





🐹「 うわっ…もうビックリするじゃないッ 」





『 いや,あの今なんて?』






🐹「 え…ビックリするじゃないッ 」





『その前の言葉!』






🐹「 1番のタイプはあなたちゃんよねッ♡?? 」






『 え…?? な,な,なにそれ?! 』





🐹「 あ,でも本命はユンギ先生だからッ 」





🐹「 勘違いしちゃだーめよッ♡ 」










チュッ と, ♡ を飛ばされる。





安定の寒気((






「あ,会議始まっちゃうッ♡」とジンくんは




内股走で保健室を出ていった。




あの人は,本命がユンギ先生だもんね笑




まぁ,でも不覚にも ドキッ としたなんて言ったら





またややこしくなりそうだから





秘密にしとこう。











next

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

풀_🌱
풀_🌱
ғᴏʟʟᴏᴡ ᴍᴇ follower +👤 900Thanks 読者にむ いつもありがとうございます.Ü♡ fwanma 🌥🌱 fanname まちっ子 _______________ 私に、純粋は無理みたい(え
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る