無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第34話

#_32話



















『 照れてないから…/// 』



🦁「 う,うん. 」



『 な,なんで キム君まで照れてるの?』



🦁「 照れてねーよ 」











ボスッ





キム君は, 私の顔面にぬいぐるみを




押し付けてきた













『 ちょっと、何する… 』





『 ッ…!! 』















見間違いなんかじゃない






テヒョン君, 手で隠しけれてないぐらい











































顔を真っ赤に染めてるんだもの









next














シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

풀_🌱
풀_🌱
ғᴏʟʟᴏᴡ ᴍᴇ follower +👤 900Thanks 読者にむ いつもありがとうございます.Ü♡ _______________ 新作「 公開告白 」🐰main ☆ ♡ 押してくださいな.ㅎㅎ 最近, 浮上できてなくてすみません.😭
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る