無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話

#_25話



















学校_____











『 つ,疲れた… 』






朝からあの二人から逃げ回ったおかげで




体力が底をついた。





『 なんで,私なのよ 』





なんで私にこんな嫌な



ことしか神様は与えてくれないんだろう







「 ハァ 」と静かにため息をつきながら




机に突っ伏す






すると







?「 ねぇ…君があなたちゃん?」





『 え?』






見上げるとそこには、





茶髪のロングヘア, 目は一重なのに



凄く大きい,まつ毛も長くて, 肌も白い






まるで,お姫様のような女の子が立っていた







🐻「 私, キム・サラン!!」




🐻「 私とお友達なって!!」

















next

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

풀_🌱
풀_🌱
ғᴏʟʟᴏᴡ ᴍᴇ follower +👤 900Thanks 読者にむ いつもありがとうございます.Ü♡ fwanma 🌥🌱 fanname まちっ子 _______________ 私に、純粋は無理みたい(え
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る