無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
404
2021/05/29

第5話

4.


~学校~
あなた
まさ!!おは!!


先に登校していた あなたちゃん は 、今日も幼なじみの まさい に挨拶をします 。
м.
おーはよっ。


上機嫌な挨拶をしながら あなたちゃん の頭をくしゃっと撫でる まさい 。
海斗
え、お前どした?キモイよ?
あなた
えへへ…まさからこうやってやられるの嬉しいなぁニコニコ
海斗
(え、嬉しいの?あ、毎日やろ。←)
м.
キモくて結構。
м.
あなたのマサイくんからの呼ばれ方が喜んでんなら別に良いだろ。


と、また肩を組んでくる まさい 。
あなた
…/////
あなた
(急にこんな優しくされると意識もしちゃうもんだなぁ…//)




















※雑でごめんなさい





~ まさい side ~



今日は あなた の部活が無いから あなた と2人で帰る日 。


2人で帰る時間は大事だからって毎週水曜日は絶対にヤらないって決めてる 。


偉くね?俺。()
あなた
まさ〜!かーえろっ!!
м.
おう。









あなた
今日さ、なんであんなに優しかったの?
あなた
この前俺はあえて優しくしてないの。とかって言ってたくせに〜ニコ
м.
特に理由はない。
м.
(言えるかボケ。ってかなんで普通に聞くんだよ。気まずいって言葉知らねぇのかな。)
あなた
へぇー、まさの事だからなんかあると思ってたのに。笑
あなた
彼女が出来た、とか!?
それで女の子に優しくするって決めたの!?
м.
ちげーし。
м.
俺彼女作る気ないし。
あなた
え、そうなの?
м.
うん。
м.
(ヤれればいいし。☜)
あなた
んー、じゃあさ…
















色々話しながら帰った2人でした。