無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

独占欲   nbkj
(設定)

付き合っている。
同棲している
(Watanabe)
最近、康二と一緒にいられる時間が少ない。
しかも、ふっかとばっかり一緒にいる。

この前もせっかくオフが重なったと思えば、ふっかと遊びに行っちゃうし。

そんなにふっかのほうが大事?
康二は俺の物であって、ふっかの物じゃないのに。 

ふっかに俺の可愛い康二を取られたくない。

この気持ちを独占欲って言うんだろうなぁ(笑)

今日だって、朝起きたらリビングには康二の姿がなくって、遊びに行ってきますって書いた置き手紙だけが残されていた。
渡辺翔太
チッ…朝から何だよ…つまんねぇの!
朝ごはんを食べて、ソファーに寝転んでぼーっとテレビを見てたら知らない間に寝ちゃって、ニュースキャスターの声で起きた。

時刻は2時。

戸棚からカップラーメンを取り出して、熱湯を注ぐ。

お昼になっても康二から連絡は無くて、心配半分、苛立ちが募る。

何時に帰って来るんだろ…
渡辺翔太
寂しいよ、俺…