無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

誰がいい?  all(sk)
(Sakuma)
はっ!やばい!! 
時計をみて絶句する。今日は雑誌の撮影。グループとかペアの写真だけじゃなくてソロの撮影とか色々あるのに、遅れそう。

準備もそこそこに家を出た。
スタジオにつく頃には時間ギリギリで、焦ってみんなの待つ部屋に入る。
佐久間大介
ごめんっ!時間大丈夫??
岩本照
ギリギリセーフ。なんか、機材トラブルあったから撮影遅れるみたいだし、落ち着いて準備してきな。
佐久間大介
うん。
間に合って良かった…

メイクやら着替えやら色々して、みんなの輪の中に戻る。
ラウール
そうだ!佐久間くんに聞きたいことがあったの!!
佐久間大介
ん?なに??
ラウールの話によると、俺が来る前8人で恋話をしてたみたい。話題はメンバーの中だったら誰と結婚したいかみたいな感じだったみたい。
向井康二
たくまくんは誰がいい?
佐久間大介
うーん…
付き合いたい人は?とかなら雑誌で聞かれた事あるけど、結婚かぁ…

てか、さっきから俺だよなっていう阿部ちゃんの視線が…笑
康二は、うーん…なんかうるさそう笑
ふっかもいいけど、照と一緒にいるイメージ強いからなぁ…うーん…笑
渡辺翔太
早く決めろよー
翔太も、俺だろって視線でガン見してくるし…

めめはなんか下心持ってそう笑
佐久間大介
舘様、かな…
「「「は!?」」」
全く喋ってなかった舘様も俺のこと見てびっくりしてる。
佐久間大介
え、なんでそんな反応?(笑)
阿部亮平
俺だろ!
深澤辰哉
いや、俺でしょ?笑
佐久間大介
いや、舘様かな…笑
深澤辰哉
なんでだよ!
「遅れてすいません!
今から、撮影開始しまーす!」
ちょうどいい時に入って来たスタッフさんの声で、この話は終わった。